コンテンツへスキップ

コットンスティックの作り方と使い方

ネイルケアを始める前に覚えておきましょう♪

コットンスティックの作り方

ウッドスティックの先端を削って形を整え、コットンを巻きつけて作るコットンスティックはネイルケアの必需品。用途別に先端の形やコットンの量が異なるので、ネイルケアを始める前に作り方をマスターしましょう。

このコットンスティックを使いこなすことで、グンとプロの技に近づくようになります。

使用するもの ※通常のウッドスティックは先端が真っ直ぐで角が付いている状態です。

  1. フィンガーボウル
  2. ポリッシュリムーバー
  3. コットン
  4. エメリーボード
  5. ウッドスティック

プッシュアップ用コットンスティックの作り方
手や足の爪のキューティクルケアを行うときに使います。キューティクルを安全に押し上げられるよう、角の取れたスクエアオフに仕上げます。

  1. エメリーボードをスティックの平になっている面に当てて、両側から厚みを削りキューティクルを押し上げやすいようにしてあげましょう。
  2. スティックの角にエメリー当てて、角を取ります。角が残っていると安全に使えないので、必ず角が取れているか確認しましょう。
  3. スティックにコットンを巻きつけやすいように水をつけます。
  4. あずき2粒くらいのコットンをしっかりと巻きつけます。

うっすらとスティックが見えるくらいに巻きつけられたら完成です。

エナメル修正用スチックの作り方
はみ出したエナメルを取り除いたり、カラーリングのラインを整えたり細かい作業に使用するので、先端を細く仕上げます。

  1. エメリーボードをスティックの平になっている面に当てて、両側から厚みを削ります。
  2. エメリーボードに対してスティックを斜めに当てて、先端がなぎなた形になるように削ります。厚みが残るようなら再度厚みを調整します。
    厚みがなくなり、先端が細くなぎなた形になりましたか?
  3. スティックにポリッシュリムーバーをつけます。
  4. あずき1粒くらいのごく少量のコットンをスティックにしっかりと巻きつけます。ほんの少しのコットンが巻き付いた状態が完成です。

カラーオフ用コットンスティックの作り方
エナメルを落とすときに使用するので、ポリッシュリムーバーをしっかり含ませても大丈夫なように、コットンを多めに巻きつけて仕上げます。削り方はプッシュアップ用コットンスティックと同じです。

  1. スティックにポリッシュリムーバーをつけます。
  2. あずき3粒くらいの少し多目のコットンをスティックにしっかりと巻きつけます。

スティックが見えないくらいにコットンを巻きつけて完成です。

Scroll Up