コンテンツへスキップ

爪のゴールデンプロポーションと似合う色の選び方

より美しくステキなネイルになる為に確認しましょう♪

《爪のゴールデンプロポーションと似合う色選び》

一番美しく見える爪の長さは?
あなたの肌を一番輝かせてくれるジェルの色は?
洋服にスタイル良く見せるシルエットや色があるように、ネイルにもあなたの個性に合う長さや色があります。
コツを押さえてより美しい爪になりましょう。
(※の説明はネイルの基本・ケア《1》参照)

最も美しく見せる爪のゴールデンプロポーション♪

爪の形が最も美しくエレガントに見える長さは、フリーエッジ(※)が爪全体の4分の1(ネイルベッド(※)の3分の1)になること。それがゴールデンプロポーションと言えます。長めの爪が好みでも、フリーエッジが爪の全体の3分の1(ネイルベッドの2分の1)までを目安にしましょう。

爪の長さとライフスタイル♪

美しい爪の長さというのは、そのひとの日常生活に合った長さということができます。それには職種なども関係してくるでしょう。あまり爪が長すぎると、物がつまみにくい、折れやすい、ふとした拍子に人を傷つけるなどトラブルが生じる可能性があります。ライフスタイルに合った、生活に支障を来さない長さをキープしましょう。

爪の長さを保つお手入れ♪

爪の長さを整える時にはエメリーボードというヤスリを使います。爪切りを使うと2枚爪やヒビの原因になるので避けましょう。カットスタイルによっても爪の印象は変わってきます。指先をどんな表情に見せたいのかで使い分けてみましょう(詳しくは《ファイリング》でご覧ください)

「好きな色」と「似合う色」♪

ジェル、エナメル、マニキュア売り場に行くとたくさんの色が並び、シーズンごとに楽しそうな新色が並びます。でもボトルに入った色はキレイだったのに、自分の爪に塗ってみたら似合わない…。そんな経験ってありませんか?それはエナメルの色と肌の色、そして質感が合っていないから。残念ながら好きな色と似合う色は違うもの。顔に塗るファンデーションも同じ肌色なのに微妙に違いがあり、私たちはそれを厳選します。同様にジェル、エナメエル、マニキュアも似合う色、似合う質感があるのです。

日本人の肌色に似合う色は?

日本女性に多いのは、明るく淡い黄みがかったオレンジの肌。カラーグループでいうと黄赤系と呼ばれる系統です。それを「ライトイエロー」「ダークイエロー」「ライトレッド」「ダークレッド」の4タイプに分けることができます。比較的色白な肌にはクリア感のある明るめの色、色黒の肌には濃くてインパクトのある色が似合います。

ネイルのカラーコーディネイト♪

自分の肌色を理解して、似合う色の選び方を押さえたら、それをアートにも応用しましょう。例えば、誰にでも好感を持たれ、女性を上品に見せてくれるフレンチネイル。このフレンチネイルもベースにする色を、肌色とマッチして色を選ぶことで、より美しさが増して上質な指さきに変身できます。

色は塗る面積や光の加減で見えかたも変わるもの。ジェル、エナメル、マニキュアを買う時はテスターで自分の爪に塗って試してみると良いでしょう。

・肌色の分類と似合うネイルカラー

ライトイエロー
色白で黄みがかっている肌色
サーモンピンクやライトブラウンなど、フレッシュで若々しくクリアなイメージの色が似合います。

ダークイエロー
色黒で黄みがかっている肌色
ブラウンや朱赤、ゴールドなど、温かみがありシックで深みのある色が似合います。

ライトレッド
色白で赤みがかっている肌色
ピンクベージュやローズ系など、穏やかで優しいミルキーなイメージの色が似合います。

ダークレッド
色黒で赤みがかっている肌色
ダークレッドやチェリーピンクなど、強くシャープでメリハリのある色が似合います。

Scroll Up