コンテンツへスキップ

爪の異常と病気

ネイルを楽しむことはとても大切なこと♪

でも爪の異常や病気のことを知っていれば、予防策やお手入れの仕方も変わってきますね!

そう、毎日の心がけも必要ですが、ひょんな所から爪への菌の感染が発生してしまうかもしれません。自分でも気がつかないうちに小さな傷口から感染する恐れもあります。

「小さな爪でもボロボロ」の傾向がある、「長い爪だと洗い残し」があるなど、自分の日常生活のクセを考えてみるのも良いかもしれません。

自分の爪をセルフケアで保っていくためにも、少しでも良いので「この爪の状況はもしかしてあの病気かも?」と覚えておくのも役立ちますよ。

爪の腫れ方、色、うねりなど、自分の大切な爪の状態を観察してみてください。

これを習慣づけるのはとっても良いことです♪

爪のベースは自分の栄養状態を知ることができるし、カラーをしていく上でとっても大切なキャンパスになるのですから♪
グラスを持つ時に指先が痛い、お風呂上がりなどなど「違和感」や「なんとなく気になっている」事などはありませんか?

要注意なイボなど専門の皮膚科に相談するのも一つの手です。

この症状はなんだっけ?と思う時はまた、このページを参考にしてくださいね♪

※一般的な爪の病気を紹介したものです。専門分野ではありません。

Scroll Up